成田

成田駅周辺には、成田山新勝寺表参道や観光案内所などがあります。このエリアを代表する名所が存在するエリアですから、参拝に訪れた方を日々大勢目にする地域でもあります。みずほ銀行成田支店やりそな銀行、千葉興業銀行、千葉銀行といった各金融機関の成田支店もあり、宿泊施設も充実していますから、ビジネスで訪れた際にも利便性の高いエリアです。

駅西口には成田ニュータウンが広がっており、市街地への玄関先として機能しています。西口にはマツモトキヨシや駅前交番、郵便局などがあります。成田税務署や千葉県警察成田警察署といった施設もありますし、千葉県立成田国際高等学校のような学校施設もあります。

駅の基本情報

成田駅はJR東日本成田線の駅で、三つの路線が乗り入れています。佐倉や千葉、東京方面、成田空港方面、滑河、佐原、我孫子、上野方面へもアクセス可能で、日々大勢の方が利用しています。一日の乗車人数は約14,550人(2012年度調べ)となっています。

特徴として、毎年一月になると成田山新勝寺への参拝客のため、初詣臨時列車や団体専用列車が数多く発着することが挙げられます。また、三が日には成田エクスプレスの一部が臨時的に停車する駅でもあります。この時期には大勢の参拝客で賑わいを見せ、一年で最も活気に溢れます。

付近の商店街

この付近に存在する商店街として、門前町が挙げられます。成田駅から成田山に至る表参道でもあり、様々な商店が軒を連ねています。創業100年以上という老舗の商店も中にはあり、この地の歴史文化を知ることができます。地酒を販売する酒屋や、手焼きせんべいのお店、川魚の佃煮などを販売するお店もあり、食べ歩きを楽しむこともできる商店街です。

飲食店も数多く存在し、ラーメン店や洋食店もあります。国際都市成田だけあり、外国人の方が食事をしている光景も多く見かけます。また、この場所でしか食べることのできない郷土料理を提供するようなお店もありますから、足を運んでみるのも良いかもしれません。

地名の由来

成田という地名の由来には諸説ありますが、明確な由来とされるものは現在でも不明とされています。昔から雷が多く、雷のよく発生する田、ということで「鳴田」が「成田」になったとされる説や、稲のできが良いことから「熟田」が「成田」になったとされる説もあります。また、最近では「業田」が「成田」になったとされる説も提唱されています。これ以外にも様々な説が提唱されていますが、どれも決定的ではなく、現在でも明確な理由は分かっていません。

住宅街について

駅周辺には低層から高層まで様々なタイプのマンション、戸建て住宅も存在し、住宅街が形成されています。駅西口から広がっている成田ニュータウンは計画的に区画されたエリアとなっていますが、かつては交通の便も悪く陸の孤島とまで呼ばれていました。現在では駅からニュータウンへ大通りが開通したこともあり、かつての交通の不便性は解消されました。

この付近の住宅街は、成田山新勝寺や駅の存在から賑やかなイメージを抱いてしまいがちですが、実際には閑静な住宅街となっており、落ち着いた空間を形成しています。また、自然溢れる公園などもありますから、自然の空気を楽しむような生活も送ることが可能となるのではないでしょうか。駅前まで行けばショッピングや娯楽も楽しむことができますし、駅からは様々な方面へアクセス可能ですから、生活の利便性は極めて高いエリアと言えます。

知名度の高い名所もあり、また様々な商業施設も存在するこのエリアは、日々多くの方が足を踏み入れています。住宅街は閑静で落ち着いた空間となっていますし、静かに生活したいという方にも最適なのではないでしょうか。