津田沼

津田沼駅周辺ですが、北口には津田沼駅ビルや津田沼パルコといった商業施設や船橋市立前原小学校、駅前保育園などがあります。そのため、日々ショッピング客や通学生などが多く行き交うエリアになっています。また、他にもイトーヨーカドーやイオンモール津田沼といった商業施設もあり、買い物をするのに非常に便利な周辺環境となっています。 南口には千葉工業大学津田沼キャンパス、千葉美術予備校といった教育施設が複数存在します。

習志野市役所のような公共施設もあり、駅からのアクセスも良好です。複合商業施設であるモリシア津田沼もあり、こちらの施設にはヤマダ電機やツタヤ、洋服の青山といった様々なお店が出店しています。また、飲食店も出店していますから、ショッピングだけでなく食事をすることも可能な施設となっています。カラオケルームやアニメ関連ショップなどもあり、日々様々な年齢層の方が足を運んでいます。

周辺には宿泊施設も複数存在していますから、急な出張などでこの地を訪れた際にも重宝できます。東横インのようなビジネスホテルが複数ありますから、仕事で訪れた際にも困ることはないでしょう。市の中心街として栄えるエリアですから、駅周辺だけで生活に必要なものは揃いますし、様々な娯楽を楽しむこともできるでしょう。

津田沼の由来

駅を中心としたエリア一帯を指す津田沼という地名ですが、元々は複数の地名から一文字づつとって名付けられたという経緯があります。谷津村、久々田、鷺沼、大久保新田、藤崎村という五つの自治体が合併した折に、中核をなしていた谷津、久々田、鷺沼から一文字づつ取り、現在の津田沼という名称になったのです。 1889年に明治の大合併が行われ、千葉郡津田沼村が発足し、1903年には町制が施行され千葉郡津田沼町になりました。1954年には市制が施行され習志野市となり、従来の大字久々田エリアを津田沼町としました。

周辺の商店街

この付近に存在する商店街として、津田沼商店街があります。津田沼商店街協同組合が運営する商店街で、古い歴史を持つ商店街として地域住民から親しまれています。様々な商店が軒を連ねており、中華や洋食、和食などを食することができる飲食店から、お酒を楽しむことのできる居酒屋やバーもあります。

食料品店からファッション関連ショップ、家電販売店などもあり、日常的に多くの方が利用し活気に満ち溢れています。このエリアには学校施設もありますから、若者も多く訪れる商店街で、様々な年齢層の方がショッピングやグルメを楽しんでいます。

住宅街について

駅周辺は賑わいを見せますが、少し離れると住宅街もいくつかあります。住宅街は駅前の賑やかさとは裏腹に非常に閑静な住宅街となっており、落ち着いた雰囲気の中生活することができるでしょう。また、緑溢れる公園などもありますから、小さなお子さんのいる家庭にもおすすめのエリアではないでしょうか。 住宅街付近には総合病院のような医療施設も複数存在しますから、生活する上でも安心できる住環境となっています。レトロなムード漂う街並みは日々の生活に彩を与えてくれますし、学校施設が多いので通学や送り迎えも容易です。街灯設備も整ったエリアなので、安全性という面からも評価できるエリアではないでしょうか。

賑わいを見せる駅前周辺と、閑静な住宅街という二面性を持つこのエリアは、生活する上では非常に利便性の高い地域ではないでしょうか。また、津田沼駅からは様々な方面へアクセスすることができますし、東京都心部へのアクセスも容易となっています。北口と南口双方に路線バスの乗り場も設置されており、路線バスを利用することで市内の各所へ容易にアクセスすることが可能です。交通の利便性はもとより、様々な面で生活し易いエリアと言えるでしょう。